--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 01. 28  
21221506_2871722270 (260x193) (240x178) 21221506_477801560 (260x195) (240x180)
 
 この島には、ミクロネシアン・ミツスイという赤い小鳥が住んでいる。実はここがスタートして、一つ物足りない部分があったのだ。南国特有の赤い色が無いなという。なにせ珊瑚だけでできた島。ハイビスカス等の花が育つには、圧倒的に不利。植えてもすぐに枯れてしまう。唯一咲いている花は白。水辺にやってくる鳥のサギやアジサシも白・・・。

 そんな中、3年目ぐらいからようやくこの鳥が島に巣をつくり定住してくれた。これはほんと嬉しかった。まさに「紅一点」! 赤い色がとても島に映え、今では小粒ながらもピリリと辛い、なくてはならない存在だ。鳴き声もとても艶やかで美しい。

 そしてある日の夕暮れ時。聴いていたCD(ヒーリング・ボサ 佐藤正美)が,
とても耳に心地良かった。スタンダードナンバーを、アコースティックギターでボサノバ風にアレンジしたもの。 その中の一曲が特に哀愁と深みがあって、この島にぴったりと合ったのだ。そのタイトルが、「いそしぎ」だった。
 現地の吉田氏と二人で大いに盛り上がり、これはまさにジープ島のイメージだねっていう事で、 晴れて島のテーマ曲?に。

 『ところで、いそしぎって何のことだろう?』。即刻日本に戻り調べてみたら、古い映画のタイトル(サンドパイパー)だった。 さっそくビデオSHOPで借りてきて見ると、これがなかなかシットリとした、いい映画。

 舞台はアメリカ西海岸のモントレー。憂いを持った、美しい港町だ。内容は、とある女流画家(エリザベス・テーラー)と、平凡な牧師(リチャード・バートン)との、淡く切ない恋を描いた作品。 「いそしぎ」とは、イソ(磯)に住むシギ(鳥)のことだったのだ。 隅っこにいる目立たない、とても地味な鳥。 でも既成概念に囚われない「自由さの象徴」として、この映画では描かれていた。ん~、この地味な鳥の名前をタイトルにするトコロが、粋だなぁと。

 この島には、金のかかっているゴージャスなものは何もない。 ほんと、無人島に簡素な小屋を建てただけ。 ただ人工的な物が少なく地味であればあるほど、豊潤で恵み多き大自然の中では居心地がいい。それをこの島は教えてくれるのだ。だからこの「いそしぎ」が、更に自分の中で島のテーマソングに相応しいと思うようになった。

 そんな11年目のある日のこと。ボートダイブから帰ってきた昼下がり。 頭の中は、「ポカ~ン!」と、限りなく空白だった。 ふと、犬のビキニがビーチを走っていくのが見えた。 現地スタッフのリペルが、浪打際で何かを拾っているようだった。
 こんな「無為な時間」が、とても心地いい。ガイドのナミも、うたた寝している。

 その時、ビーチをちょこまか歩く地味な鳥を見かけた。
 !!!なんと「いそしぎ」だった!
 なんて言うんだろう、この時の気分は・・・。 ただ、「この島によく来てくれたねぇ」かなぁ。「運命」とも違う、「偶然」とも違う、この島、この鳥らしく、 ただただ普段着でさりげなく。

 陽も傾き、海に美しい斜光の粒を降らせる静かな午後。 ふっとラジカセにCDを入れ、例の「いそしぎ」の曲を波音にかぶせてみる。 そして、夕暮の朱が少しずつあたりを染め始める。いそしぎもまだその辺りを歩いている。何もかもが満ち足りていた。 では、本格的に飲むとするか。
 この鳥がこの島にやって来た事に、とりあえず乾杯!

 今までも来ていたのかもしれない。でも余りにも地味で、ひっそりと砂浜をチョコチョコ歩いているので、ほとんど気にも留めなかったのだろう。でもこれはこれで、ある種の「シンクロニシティ(共時性)」。意識したとたんに見えてくるという・・・。

 ミツスイが明るい「陽」なら、イソシギは渋~い「陰」。南海の楽園とも言えるこの島だけど、実に様々な表情を持っていて、太陽がかげり雨が降ってきた時に見せるアンニュイな表情も、またいい。
 僕はよく、『一瞬で落ち着いたパリのカフェのようになる』と人に言う。大自然の中にポツンとある島だからゆえ、地球の表情を手に取るように感じられるのだ。

 まさにジープ島はこの映画の主題歌のタイトル、「ザ・シャドウ・オブ・ユア・スマイル」。どうです、そんな気分、感じられました? 明るい島の笑顔の中に、ときおり現れる静かなる影。ん~、やはり奥の深いこの島のテーマ曲に相応しい。 

21221506_1381110605 (496x375)
スポンサーサイト
プロフィール

三輪アキラ

Author:三輪アキラ
-
 JEEP島プロデューサーとして、この「究極の癒しの島」を、スタート時から17年の長きに渡ってプロモートし、日本中の人達に紹介している。
 専門は「旅」に関する広告関係を専門に扱うアートディレクター&アドバイザー。企画プランニング、写真撮影、文章、デザインから、印刷&web制作まで、幅広くトータルにクリエイティブのサポートをしている。

 元々、JTB&JRの宣伝を扱う広告代理店に所属していたのだが、独立して(有)ギルマンという広告プロダクションを設立し現在に至る。とにかく旅が好きで、海外旅は120回以上に及ぶ。
 特にダイビングはプロ級。27年以上のキャリアで2000本以上潜り、「海」を特に得意分野としている。

カテゴリ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。