FC2ブログ
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013. 10. 11  
コピー ~ 02 コピー ~ 01

 こんにちは。実はこのブログ、もう何年も前から始めたかったのだけど、仕事や引越やらでなかなか手が付けられず・・・。それがここに来てようやく念願が叶いスタートする事ができました。ジープ島の写真は現在数多くのものを見る事ができますが、文章主体で膨らみのあるものは余り無いので、とても画期的な事だと思います。

 この島のスタート時からプロモーションを始めて早17年。今でこそマスメディアに取り上げられたり、ゲストもコンスタントに訪れる人気の島になりましたが、当時は全く誰も知らない島。ゼロからのスタートでした。でも一番最初にこの島に上陸し、一歩足を踏み入れた瞬間から(僕が日本人ゲストとしては第1号)、絶対にここは人気が出ると確信めいたものはあったのです。
 現在のゲストの多くの方々も、ジープ島の昔はどんなだったのだろうと興味が沸いているようです。そう、全てがあのスタート時に「パンドラの箱」を開けた瞬間から始まったような気がします。これまでの「南の島&リゾート」には無い、全く新しい魅力がギッシリと詰まった「未知の箱」を。

 そして、スタート時に感じた事を言葉や写真にし、公式サイトを中心に根気強く人々にアピールしプロモーションを続けてきました。もう、やれる事は何でもやってきた気がします。そしてこの島のイメージが徐々に確立し、多くの人に認知され、現在の興隆に繋がってきた事をとても嬉しく思います。
 更に自らの記憶が風化されない内に、多くの方が知りたい今だからこそ、当時の事を記録にとどめておきたいと思います。

 だいたいスタート時から5年間ぐらいの間の出来事を中心にまとめてみます。自分でも書きたいエピソードを箇条書きにしたら、約40編ほどありました。仕事に支障が出ないよう、そして自分も楽しみながら、1週間~2週間に1編ぐらいのペースでUPしていきます。ジープ島の歩みのように、焦らずゆっくりと。

 この島に行った方なら、『あ~そうそう、この感じ』と、思い出しながら楽しく読んでもらえればと。まだ行った事のない方には、写真を見るのとはまた違った形でイメージを膨らませてもらえればと思います。
 この島は17年の歳月を経てきたとは言え、いい意味でほとんど変わっていません。これこそ、この現代社会において重要な価値を持つものだと思います。ただ、人や椰子の木が成長するように、少しずつ形状的には変化してきています。そして施設的にも、より快適に滞在できるようコテージが2棟になったり、トイレが2つになったりしましたが、その程度です。
 「シンプルにあくまでもシンプルに。豪華なものは何一つない。だけど自然そのものがゴージャス!」といった当初のポリシーは何も変わっていません。 

 これからも、今のままである事が僕の願いでもあります。それではスタートです!

 ジープ島プロデューサー : 三輪アキラ

03
NEXT Entry
★プロローグ 【ガイアの島】                      
NEW Topics
★当ブログについて
★終わりに 【当ブログの見方】
★エピローグ 【潮流に身をまかせて】
第24話★空中浮遊を感じる時 【究極の絶景:鏡の水面】
第23話★遥かなるピサモエ 【唯一無二のジープの姉妹島】
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

三輪アキラ

Author:三輪アキラ
-
 JEEP島プロデューサーとして、この「究極の癒しの島」を、スタート時から17年の長きに渡ってプロモートし、日本中の人達に紹介している。
 専門は「旅」に関する広告関係を専門に扱うアートディレクター&アドバイザー。企画プランニング、写真撮影、文章、デザインから、印刷&web制作まで、幅広くトータルにクリエイティブのサポートをしている。

 元々、JTB&JRの宣伝を扱う広告代理店に所属していたのだが、独立して(有)ギルマンという広告プロダクションを設立し現在に至る。とにかく旅が好きで、海外旅は120回以上に及ぶ。
 特にダイビングはプロ級。27年以上のキャリアで2000本以上潜り、「海」を特に得意分野としている。

カテゴリ
カウンター
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。